7月/文月 七夕:ガラス各皿と先附

7月/文月 七夕:ガラス各皿と先附
彩りから質感まで 繊細な料理の決め手となる器

天の川に見立てた料理に
七夕にまつわる物語を込めて

笹の葉に短冊を吊るして願い事をする。身近にあった伝統行事の七夕が、江戸幕府が制定した式日、五節供のひとつだと知る。そこで改めて七夕について調べてみると、古代中国、日本の奈良時代にまで遡る深い歴史と、それぞれの国の伝説が交わって今に伝わっているということが見えてきた。

ご存知、織姫と彦星の物語。中国の古伝説によれば、牽牛と織女(しょくじょ)は夫婦になった。しかし結婚した途端、牛飼いの牽牛も機織の織女も互いに夢中で、働かなくなった。そのため夫婦は引き離され、一年に一度だけ天の川での逢瀬が許された。

一方、日本では「棚機つ女」(たなばたつめ)の信仰があり、機織(はたおり)をする乙女が、陰暦七月七日の夕刻、人里離れた機屋で、神を迎え、祭り一夜を過ごす。翌日神が帰るのを送るのに際し、村人は禊ぎを行い、けがれを祓うという。水辺で七夕を祝う、笹を川に流すなどの行事として日本の各地で様々な形で執り行われてきた民間信仰。女性の裁縫が上達するための祭りでもあるという。この棚機つ女と織姫が同一であるという節、別物であるという各国の節がそれぞれ語り継がれてきたようだ。

五節供の行事に倣い、七月の『京料理たか木』の献立は、そうめんを使う。なぜ七夕にそうめんを食べるのか。七月七日にまつわるもう一つの物語がある。

「索餅(さくべい)」という唐菓子が奈良時代に古代中国から伝わっている。小麦粉と米粉と塩に水を加えて練って、縄状に編んだ揚げ餅のようなもので、これがそうめんの起源と言われている。中国の古事によると、七月七日に幼子が亡くなり、その後疫病が流行したので、鎮魂のため子どもが生前好きだった索餅を供えた。そうして、七月七日に、瘧除け(おこりよけ)のまじないとして索餅を食べる慣わしとなり、後世ではそうめんを贈り合ったり、食する風習として残ったという。

こうした物語にちなみ、『京料理たか木』の高木一雄さんは、器に細長く切った長芋のそうめんで天の川を描き、周りにウニや海老、アワビ、じゅんさいなどをあしらい、だしのジュレを添える。食欲の落ちる暑い季節に、長芋そうめんをずるりとすすり、精をつける。そっと載せた小さな星は南瓜。笹の葉と梶の葉を添えた。江戸時代の宮中では七月七日に梶の葉の裏に天皇が和歌を記し、その葉で索餅を包み、梶の葉とそうめんで十文字に縛り、屋根に投げるという行事もあったそうだ。

用いたガラスの器は切子細工。ガラスをカットして模様を描く細やかな手仕事だ。切子細工は、江戸や薩摩で発達した。これは江戸切子の流れを汲む東京のメーカーの作。もう一つの器はガラス作家の音堂多恵子さんによるオリジナル品。『京料理たか木』には音堂さんによるガラスの器が多数ある。天の川に見立てた料理とガラスの涼やかさ、透明感、星の煌き、水の流れ――七夕にまつわるたくさんのストーリーが、一皿の裏に隠れている。


写真/塩崎 聰 Photographs by Satoshi Shiozaki

Home > 器と食の12ヵ月 > 7月/文月 七夕:ガラス各皿と先附