チャイナビストロエヴォーブ

チャイナビストロエヴォーブ
  • チャイナビストロエヴォーブ
  • チャイナビストロエヴォーブ
  • チャイナビストロエヴォーブ

チャイナビストロエヴォーブ

(三宮)

かつて六甲道にあった人気中国料理店の『チャイナビストロ常村』が2010年、三宮へ移転。六甲道時代は、連日満席の人気ぶり、店舗を拡大し、店名も一新しての移転となった。黒を基調とした現在の店の外観は、とても中華料理店とは思えぬシックなもの。逆に店内は赤を基調にしたアバンギャルドな雰囲気で、現店も連日盛況だ。四川と広東をベースに、イタリアンやフレンチの盛付け、調理技法なども参考にする、常村美文さん流の中国料理が楽しめる。

名物料理は写真のよだれ鶏だ。中国では「口水鶏」と表記する料理だが、見ただけでよだれが出てくるほど美味いというのが、名前の由来とされる、四川の料理の一品である。最近ではこのメニューを出す店が増えたが、見かけたらぜひ食べ比べてみて欲しい。シンプルな一品だが、各店の味や調理技術の違いがてきめんに表れている。

『エヴォーブ』では、丸鶏一羽まるごと使い、蒸してさばいた鶏肉を、つけ汁の中に約1日浸し、味を染み込ませている。こうすることで鶏の身が固くならず、しっとりとなめらかな食感を保つのだそう。鶏肉の上にたっぷりと掛かっているのがよだれ鶏のソース。2種類の豆板醤、芝麻醤、ニンニク、一味、日本と中国の醤油、ピーナッツ油、ラー油などを合わせた自家製のタレだ。ご想像の通り、ひと口食べれば辛みがぶわっと口いっぱいに広がるのだが、辛みの伝わり方が、幾重にも重なって奥行きを感じさせるのが『エヴォーブ』のよだれ鶏の特徴と言える。ビールをぐいっとやって、もう一度、その痺れる旨みを味わいたいと、2切れ目に箸が伸びる。このよだれ鶏のように、緻密な技巧が冴えた、そそる料理が揃っている。

  • 店名:チャイナビストロエヴォーブ
  • 住所:兵庫県神戸市中央区加納町4-8-17
  • 電話番号:078-331-5665
  • 営業:12:00〜13:30 LO、17:30〜22:00 LO
  • 休み:日曜
  • アクセス:各線三宮駅から徒歩7分
  • ホームページ:http://cb-evolve.com/
  • 地図:Google map

写真/國米恒吉 Photographs by Khokichi Kokumai

Home > セレクション > 中華 > チャイナビストロエヴォーブ