ラヴェニール・チャイナ

ラヴェニール・チャイナ
  • ラヴェニール・チャイナ
  • ラヴェニール・チャイナ
  • ラヴェニール・チャイナ

ラヴェニール・チャイナ

(夙川)

イタリア料理店か?はたまたカフェか?夙川の街によく馴染んだ、中国料理店らしくない、瀟洒な店舗。メニューは黒板に手書きされていて、各テーブルまで持ってきてくれる。コースもあるが、黒板のアラカルトメニューを眺めながら「どうする!辛いのはどれ頼む!?」と、相談しながら会話するのが愉しい。昼はコースメニューのみなのだが、これが夙川マダム達に大人気。いつ訪ねても女性客でいっぱいだ。

料理の軸は四川と広東。四川唐辛子の辛みと山椒のピリリが利いた麻婆豆腐は、暑い夏にあえて汗を流しつつ食べるのが好き。炒った黒ゴマ入りのチャーハンも、プチプチ弾けるゴマが実にいい仕事をしていて癖になる。今回の料理は「田鶏の豆鼓風味」。田鶏(ディエンチー)とはカエルのこと。食べたことのある人ならご納得いただけると思うが、鶏のムネ肉やささみのような食感のカエルのことを「田鶏」と書いた中国の人がすごいと個人的に感心する。唐揚にしたカエルに、乾煎りにした朝天椒(四川唐辛子)やニンニク、黒豆を発酵させた調味料の豆鼓(トウチ)などを合わせたピリ辛のたれを絡めた。ビールが進むこと請け合いだ。

店主の今村浩之さんは実に真面目な料理人だ。とことん中国料理に向き合って料理の幅を広げている。厨房で中華鍋を振る様子は、話しかけづらいほど真剣な面持ち。だが、OFFにはこんなに柔和な笑顔を見せる人。おいしいものを作れる人特有の表情というのがある。この人はまさにそんな顔をしている。

  • 店名:ラヴェニール・チャイナ
  • 住所:兵庫県西宮市羽衣町10-21夙川K・SビルIII1F
  • 電話番号:078-321-1048
  • 営業:11:00~14:00 LO、17:30~21:30 LO
  • 休み:月曜(祝日の場合は翌日休)、第3火曜
  • アクセス:夙川駅から徒歩3分
  • 地図:Google map

写真/太田恭史 Photographs by Takashi Ohta

Home > セレクション > 中華 > ラヴェニール・チャイナ