アノニム

アノニム
  • アノニム
  • アノニム
  • アノニム

アノニム

(県庁前)

加古拓央さんを初めて取材した日のことは今でも鮮烈に覚えている。料理専門誌の「04年日本のフレンチ99店+2」という企画。関東と関西の注目のフランス料理店の特集。予約困難、メディアに引っ張りだこのスターシェフたちが誌面を飾っていた。開店4年目、当時30歳の加古さんは「僕、ここに出してもらっていいんですか?」と、自信なさげに何度もつぶやいた。

それから8年が過ぎた。その間も加古さんはずっと一線で活躍していたが、2010年の終わりに、26歳の独立以来築き上げてきた『レストロエスパストランキル』という店の看板を下ろした。そして翌11年、あえて人通りの少ない路地を選んで、一人でひっそりと『アノニム』を開店した。

前の店にあったメニュー表はここにはない。30代の今の自分の感性で瞬発力を持って表現する料理をおまかせコース1本で勝負する。「フランス料理とはこういうものだというイメージをここでは捨ててほしいんです」。思いのままに描く皿は独創的で、説明がないと分からない。万人受けする料理はここにはないのかもしれない。それでも「もっと自分の料理の表現を追求して、もっと訳の分からないものになってもいいと思っています」と語る。

年月を重ねて「僕でいいんですか?」と問うていたシェフの顔つきはずい分と頑固おやじの風貌になった。守りに入らず壁を壊すことを選んだシェフ。今回取材依頼をした際に「変わった僕の料理を一度食べに来て。食べてもらってからでないと取材は受けないことにしているんで」と断言された。確かに、食べるべきだ。しかし年月を重ね、ちょっと頑固な書き手になってきた私にも確信があった。見た目が変わろうが店名が変わろうが、この人に惚れ込んでいる限り、この店の料理を取材したい気持ちはぶれないのだ。それから多忙を極め、実際に『アノニム』の扉を開くまで半年かかった。食べてみてやはり、この店のことを書いて伝えたいと思ったのだった。

  • 店名:アノニム
  • 住所:兵庫県神戸市下山手通4-13-3
  • 電話番号:078-778-0965
  • 営業:12:15~13:15LO、18:00~20:00止
  • 休み:日曜、月曜昼
  • アクセス:各線元町駅から徒歩7分、地下鉄西神・山手線県庁前駅から徒歩3分
  • ホームページ:http://kobeanony.exblog.jp/
  • 地図:Google map

写真/太田恭史 Photographs by Takashi Ohta